2012年05月09日

スキルをクリックする順番を変えるとDPSが上がる - FastスキルとImmediateスキル

FastスキルとImmediateスキルを意識してスキルの順番を決めるだけで、時間あたりの手数が増え=DPSが上がります。
スキル順の組立て方の基本になる考え方なんですが、文章で説明すると通じにくかったりしたので、図で説明できなかなと思って描いてみました。






■初級編

120509fast_immediate.jpg

スキルの区分はツールチップの左上に書いています。全部で3種類
normal 前のスキルのanimationとdelayが終了してから発動するスキル
fast 前のスキルのanimation終了後、delayを無視して発動するスキル
immediate 前のスキルのanimationもdelayも無視して発動するスキル


fastimmediateなどのスキル区分も考慮して使うとスキルがたくさん出せます。
短時間に大量のダメージスキルを入れたい場合、エテンやボス終盤のラッシュなどで特に役に立ちます。


■中級編

Action Duration、 Animation、Delayの長さはそれぞれのスキルで違います。したがって、
・Delayの長いスキルの次にfastスキルを入れる
・Action Durationの長いスキルの次にimmediateスキルを入れる

などを利用して、同じスキル組み合わせでも順番を変えるとより短時間に入れられるようになります。


■バーグラーでの具体例

・実験1: Subtle Stab(normal) > Surprise Strike(normal) > Cunning Attack(normal) > Counter Defence(fast) > Disabele(fast) > Dust in Eyes(fast)
・実験2: Subtle Stab(normal) > Counter Defence(fast) > Surprise Strike(normal) > Disabele(fast) > Cunning Attack(normal) > Dust in Eyes(fast)
実験1と実験2で使用するスキルは同じだが、順番を変える事により実験2は1割程度時間が短縮される。

・実践例1: Flashing Blades(normal) > Addle(immediate) > Subtle Stab(normal)
animationが長いFlashing Bladeは入力後ダメージが発動するまで時間がかかる。直後にimmediateスキルを入れる事により即ダメージを発動させる事ができ、また次々スキルの発動までの時間が短縮される。

・実践例2:スニークから Surprise Strike(normal) > Counter Defence(fast) > Cunning Attack(normal > Burglar's Advantage(fast) > Subtle Stab(normal) > Double-edged Strike(fast) > Aim > Flashing Blades(normal) > Addle(immediate) > Subtle Stab(normal)
10秒ぐらいのスキルチェイン。オートアタックと合わせてNPC相手なら15kぐらい入る。対人で動きまわる相手には全部は厳しい。

・実践例3:スニークから Surprise Strike(normal) > Addle(immediate)
Surprise Strikeも入力後ダメージが発動するまで時間がかかるが、addleをいれるとダメージ発生が早くなる。
動きながらSurprise Strikeを押すと、発動するまで5m程度スニークのまま移動できる。addleを直後に入れるようにするとSurprise Strikeが即発動してスニークもとける。
エテンで士気を減らして逃げる敵への最後の一発などで使う。一緒に殴ってる人より先にダメージが反映されやすい。


■雑談

いつも通り間違い、勘違い、誤字脱字が含まれます。ご指摘いただければ、ビールを振り回してこぼしながらステップを踏んで大喜びします。/toast

 melleeクラスのスキル回しで大事な考え方。でも、詠唱クラスだとあんまりfastimmediateスキルが無いんだとか。
 昔は、連携ボタンがimmediate扱いだったため、ボタンとスキルを連打してdpsを稼ぐ方法があったとか。多分そのせいでnormalに修正されて連携が入れにくくなった。
 一部の発動に時間がかかるアイテムも短縮できてる気がするけど検証不足。バーグラーのマーブルとか。

 実dpsを計測するには、プラグインCombatAnalysisが便利。スキルの回し方で1割から2割ぐらいdpsが変わってる感じです。

 こんな風に動画で比較するとわかりやすいんだろうな。動画作成は苦手なので今回はパス。いずれやりたいけど予定は未定。


■参考
公式: Developer Diary: SoM Combat Changes
 http://www.lotro.com/gameinfo/devdiaries/532-developer-diary-combat-changes?start=1
邦訳: なんだろ: Developer Diary: SoM Combat Changes
 http://lotrolotro.seesaa.net/article/151353134.html


posted by スパイク at 2012年05月09日 | Comment(4) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういう表記がちゃんとあったんですね〜
ダミー実験とかしながら完全に体感でやってたんで、良い勉強になりました
Posted by sai at 2012年05月09日
ナイスまとめです!
アッパーカットがimmidiateなら使いまくりなのに!といつも思います。残念。

GRDもタゲ取りがシビアな状況(毎週…?)では
Litany of defiance(fast)→ShieldTaunt(fast)→stamp(immidiate)→Whirling Retaliation
や、
Fray the edge→stamp(immidiate)→WR or LoD

などが使えるので、キック短縮トレイトを入れています。
Posted by kno at 2012年05月10日
>saiさん
そうなんですよ
使い込んだクラスだと体感で気持ちい順番が自然と出来てきますよねー
計ってみると結局それが一番速かったり。

altの慣れてないクラスや、拡張でスキルが増えた時とかに確認してみるとたまに役に立つ感じです。


>knoさん
情報ありがとーございます!
バーグラーしかほとんどやってないんで、他クラスの情報助かります。

僕はBURのAddle短縮レガシーが手放せません。
CHNの殴打もimmediateなんで、詠唱妨害スキルは全部そうなのかも。
Posted by スパイク at 2012年05月10日
Champのimmediateはclobberとhedgeとflenzyとsudden defence
二陣の風はfastで開始も終了もモーションゼロだから、なんかのスキルの前にずらし押しみたいな感じで混ぜれば常時キープでデメリットなし

LMにはimmediateスキルが無い

以上アリさんから情報頂きました。
ありがとございます!
Posted by スパイク at 2012年05月10日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。