2013年07月19日

バーグラーのレイド用ギャンブラービルド

 バーグラーのギャンブル特化ビルドについてドワーフでもわかるようにブログに書け。
書くまで蘇生してやらない、って顔も腹も黒いミンストレル様に脅されたので書きます。

バーグラーで難関レイドインスタンスBfEに行くなら、The Mischief-Maker(黄色トレイト)よりThe Gambler(青色トレイト)の方が役に立つんじゃねえの?
って話関連だと思うんでそれに合わせたビルドです。
僕はまだギャンブラー装備が揃わず未検証です。アップデート関連とか特に自信がないので、ツッコミ大募集中です。



続きを読む


posted by スパイク at 2013年07月19日 | Comment(8) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

初めてでも泣かない、1人バーグラーでも慌てない、Draigoch 連携開始スキルの入れ方

バーグラーでDraigoch行ってみたいけど、失敗して怒られるの怖いなーと言う方向けの記事です。
腹黒くなりすぎて胴回りがしまって見えると噂のミンスさんが、書くまでヒールくれないって脅すのでまとめてみました。
涙でにじんで見落としが普段より多そうなので、情報やご指摘をいただけたら助かります。


基本的な情報はkoso-ri.netさんのところに完璧な奴があるので参考にして下さい。
 【攻略】Draigoch - 準備編: koso-ri.net - http://koso-ri.seesaa.net/article/234314093.html
 【攻略】Draigoch - 実践編: koso-ri.net - http://koso-ri.seesaa.net/article/234332331.html
大事な情報は全て網羅されてる力作です。



バーグラーは連携開始スキルを入れる役割なのでややこしそうと思われてますが、意外とシンプルです。
だいたいのミスはフォローが可能か不要です。
バーグラー用の細かい補足を以下にまとめたので、安心して楽しんで来て下さい。

続きを読む
posted by スパイク at 2012年05月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

バーグラー レガシー解説 クラススロット編

バーグラーのレガシーの解説を書き終えるまで、ロールの目から50天引きと脅されたので、がんばって2日連続の更新です。
前編の武器編はこちらからどうぞ
http://chests.seesaa.net/article/261734797.html

数値はlv75での最高値。お薦め度の最高は★3つです。
未検証や大昔に検証したきりのレガシーも多いですし、感想は僕個人のものなので、信じ過ぎないようにして下さい。
突っ込み、補足大歓迎。感謝感激いたします。


バーグラー レガシー解説 クラススロット編
(RoI U6時点)
続きを読む
タグ:バーグラー
posted by スパイク at 2012年04月02日 | Comment(3) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

バーグラー レガシー解説 武器編

バーグラーのレガシーの解説をまとめろ、とレイドの裏幹事さんに脅されたので、久しぶりの更新です。
いつもお世話になってます。

数値はlv75での最高値。お薦め度の最高は★3つです。
未検証や大昔に検証したきりのレガシーも多いですし、感想は僕個人のものなので、信じ過ぎないようにして下さい。
突っ込み、補足大歓迎。感謝感激いたします。


バーグラー レガシー解説 武器編
(RoI U6時点)
続きを読む
タグ:バーグラー
posted by スパイク at 2012年04月01日 | Comment(6) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

一発でも多くぶん殴る方法(SoM対応モーションキャンセル)

2012年5月9日追記
その後検証した結果を踏まえ、新たに記事を書いてみました。
 スキルをクリックする順番を変えるとDPSが上がる - FastスキルとImmediateスキル
 http://chests.seesaa.net/article/269280672.html
以下の内容は、2009年の速度表記導入当時はそんな事言ってたんだなー程度にスルーして下さい。




SoM導入でスキルの細かい仕様が変わり、MoMで使えたスキルの繋げ方ができなりました。
こんな仕様じゃDPS出せねえじゃないかと、小馬亭を守るふりをしながら、部下のArcher相手に愚痴をこぼしエールをあおる毎日でした。


そんな中、Manowarasさんに教えてもらったCHNのスキルの新しい繋げ方が、BURでも応用できたのでご報告。
やり方自体は結構簡単
「スキルのモーション中にImmediateスキルを入れ、長いモーションをキャンセルする」
というものです。
これで1分で最大3,4発多く叩き込めます。


SoMでは各スキルに速度が表示されるようになりました。
大半は無表示の通常スキルなんですが、一部スキルは上から2行目辺りにFastと表示されていて発動が速めになってます。
さらに少数(BURでは3個ぐらい)はImmediate表示で、これは他のスキルのモーション中にも即座に発動できる気持ちいいスキルです。続きを読む
タグ:バーグラー
posted by スパイク at 2009年12月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

エテンバーグラーの動き方Q&A

Q,攻撃時のターゲットの合わせ方どうしてますか?
A,スパイクは、ターゲット窓のターゲットに合わせる場合と合わせない場合があります。
  自分がターゲット窓に入っている場合は、極力他の窓に入っている方に合わせます。
  倒せそうな敵を狙う事が多いので、NPCの処理を最優先にしています。

  自分がターゲット窓に入ってない場合は、次のターゲット集中のきっかけ作りで貢献しようとする事が多いです。
  きっかけの優先順位は、スタン>なぞかけ>目潰しです。
  より上位のスキルを無駄にしないために、下位のスキルほど多用します。


Q, 防御時のターゲットの合わせ方はどうしてますか?
A,スパイクは、手の届く範囲のMPに少しでも多くの嫌がらせをする事ため、ターゲットをばらまく事が多いです。
  基本的には、トロル>RVR>犬>WAR>蜘蛛>BLAの優先順位で位置取りします。
  嫌がらせのために使うスキルは、目潰し(AOE特性付)>激怒(憤激特性付)>なぞかけ>スタン>攻撃 が多いです。
  MPにも戦闘状態に入ることで、使う事できなくなるスキルが多くありますので、戦闘状態に入れる事も嫌がらせに含んでいます。
  嫌がらせの中には、自己ヒールも含んでいます。


Q,位置取りはどうしていますか。
A,かけひきが大きいので非常に難しい質問です。
  スパイクの基本は、ブーメランタイプです。味方陣営まで生きて帰る事を最優先にしつつ、なるべく奥に進み、MPの分散を誘います。
  生きて変えるために、後方に下がり、MNSや他人の後退を支援する事もあります。
  位置取りの際に注意しているのは、自分の行動により前線が動く事です。
  次に注意しているのは、バーグラーは狙われる事が少ないという事です。そのため、どの程度進むかを覚える経験が少なくなります。
  

Q、撤退指示がでた場合、しんがりをつとめますか。
A,基本的には、自分が死なない事を最優先にします。
  自分が死ななければ、次に狙われる味方の後退を支援する事ができるからです。
  後退の支援には、目潰しやスタン等の足止め系を多用します。遠隔封じも多用します。
  味方が生き残っていれば、自分の後退を支援してくれる可能性があります。
  後退>後退支援>後退>後退支援>と繰り返しつつ、最後まで生き残る事を諦めません。

  味方の後退支援のため、わざと孤立する事もありますが、なるべく慎重にします。
  なぜなら、孤立した自分を支援するために、後退のラインが分散する事が多発するからです。


Q,停滞してにらみあいになった時、どういう動きをしますか?
A,スパイクは、ぼおおおーっと動きがあるのを待っています(笑
  停滞を解消するのは、指揮官の仕事と考えています。
  指揮を支援するために、偵察や強行突破を上申する事もありますし、勝手に行動する事もあります。


Q,なぜ、バーグラーはぴょんぴょん跳ねるのですか?
A,スパイクは、仕事してますよーとのアピールのため跳ねています。
  以前、ヘレグロドレイドのボス中に、ぴょんぴょん跳ねる事だけに徹してみました。
  誰も、スパイクがスキルも自動攻撃もしていない事に気づいてくれませんでした。
  バーグラーは、孤独感を感じる事が多いです。
 
 続きを読む
posted by スパイク at 2008年05月26日 | Comment(3) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

隼突き バーグラースキル検証 その1

隼突き:使い方を極めればBURのDPSを大幅にアップする事ができる初期スキル。

■基本(Book11)
単純ダメージスキルで、右手武器+ボーナスの単体近接攻撃。
ボーナスはLv50時点で、10×武器スピード+1。レベル÷5×武器スピード+1のボーナスなのかな。レベル絡みは検証不足。
強化特性「光芒一閃」を付けるとダメージは+10%(右手武器,ボーナス部分の双方)
クリティカル乗数:1.5倍
背面攻撃乗数:1.15倍(検証不足のため情報求む)
スニーク乗数:無し(1.0倍)

これでもBook11の修正でボーナスは3倍になったのだが、他職のダメージスキルに比べると一見見劣りする。


■特徴
隼突きの真価は、数字で記載されない素早いモーションにある。
通常攻撃の合間に、隼突き+他スキルを挟むことができるのだ。

LotROのスキルは基本的に、通常攻撃と通常攻撃の合間にスキルを挟む形。
通常攻撃の間隔は、左右の武器の振り速度の平均と、スキルの詠唱やモーションの大きいほうが適用される。
普通は、通常攻撃→スキル→通常攻撃→スキル→通常攻撃→... という形。

隼突きは、通常攻撃→隼突き→他スキル→通常攻撃→スキル→通常攻撃... となり、
BURの特徴である手数の多さはこのスキルによるものも大きい。

隼突きと同サイクルに挟む事ができる代表的なスキルは、
手練系全種(無力化,目潰し,防御弱体化,激怒化)、
手練解除系全種(いたずら,奥の手)、
鋭い感覚系の一部(バーグラーの強み,混乱,二段攻撃)、
伝説スキルの三段攻撃

隼突きと同サイクルに挟む事ができない代表的なスキルは、
不意打ち系攻撃スキル(奇襲,急所攻撃,誘発)
鋭い感覚系の一部(なそかけ,弱点看破)

続きを読む
posted by スパイク at 2008年03月12日 | Comment(7) | TrackBack(0) | バーグラーTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。